kojiokanoのブログ

コーディング業務で困ったところをまとめています。

パラメータのcode=の値の5文字目以降を取得し表示するjavascript

以下をhead内に書き込む


----------------------------------------------------------------------------

// 一旦パラメータを取得するようにしているq=のあとを取得する


:javascript
window.onload = function onLoad() {
param = GetQueryString();
target = document.getElementById("param");
target.innerHTML = param["code"];

}

function GetQueryString() {
if (1 < document.location.search.length) {
// 最初の1文字 (?記号) を除いた文字列を取得する
var query = document.location.search.substring(1);

// クエリの区切り記号 (&) で文字列を配列に分割する
var parameters = query.split('&');

var result = new Object();
for (var i = 0; i < parameters.length; i++) {
// パラメータ名とパラメータ値に分割する
var element = parameters[i].split('=');

var paramName = decodeURIComponent(element[0]);
var paramValue = decodeURIComponent(element[1]) .slice('5');

// パラメータ名をキーとして連想配列に追加する
result[paramName] = decodeURIComponent(paramValue);

}
return result;
}
return null;
}

----------------------------------------------------------------------------
※赤文字部分は任意に変えて使う
----------------------------------------------------------------------------
body内の
#paramを設置した場所にパラメータの5文字目以降が吐き出される

----------------------------------------------------------------------------

パラメータ例

http://kojiokano.hatenablog.com/code=仕事を探す 東京都

↑「仕事を探す」を抜かした部分(東京都)がテキストとして吐き出される