kojiokanoのブログ

コーディング業務で困ったところをまとめています。

biz_LPページの環境設定

1.

ローカルにgit cloneしてローカル環境を作る。

ターミナルでrbenvを使ってruby 2.3.0をインストールする。

$ rbenv local 2.3.0 を打ってローカルのrubyを2.3.0に設定する。

同じくターミナルでrails 4.2.6をインストール。

 

※なん度やっても上手くいかないこともあるので色々試してそれでもダメならgit cloneからやり直してみる。

 

参考サイト

Rails開発環境の構築(複数バージョン共存可能)(Homebrew編) - Qiita

 

 

2.

$ rails s  を打って以下のように表示されたらエラー中に表示されている場所(git cloneしたローカル環境のディレクトリの中)をatomなどのコーディングソフトでコメントアウトする。画像のエラーはapp/admin/customer.rbの75行目を消せと言っている。(再度コメントを復活させたいのでコメントアウトで消しておくと良い) 

f:id:kojiokano:20160830120442p:plain

 

 

$ rake db migrate を打つ

 

$ rails s を打つとさっきと同じようにエラー箇所が再度表示されるので

修正 → $ rake db migrate → $ rails s の流れを数回繰り返す。(4回くらいの修正が必要)

 

$ bundle exec rake db:migrate:status を打つ

全てUPになってればOK!→3.へ

↓のようにエラーが出たら migrateが出来ていないので、  $ bundle exec rake db:migrate を打つ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

RubyDep: WARNING: Your Ruby is outdated/buggy.
RubyDep: WARNING: Your Ruby is: 2.3.0 (buggy). Recommendation: upgrade to 2.3.1.
RubyDep: WARNING: (To disable warnings, see:http://github.com/e2/ruby_dep/wiki/Disabling-warnings )
Schema migrations table does not exist yet.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

再度↓を打つ

bundle exec rake db:migrate:status 

↓のように全てUPになってればOK!→3.へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Status Migration ID    Migration Name
  up     20160401090524  Devise create admin users
  up     20160401090529  Create active admin comments
  up     20160404055331  Create customers
  up     20160404062117  Create forms
  up     20160404062851  Create parts
  up     20160404063218  Create form parts
  up     20160404070312  Change column name to part
  up     20160404102959  Create answers
  up     20160404110139  Add company to customers

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

3. http://localhost:3000/admin/login に接続しID,Passを入力しローカルのカイポチ管理システムにログインする。(カイポチ管理システムは本番、stg、ローカルの3つが存在する。)

時間が経たないとログインできないようなので1度ログインできなくても5分くらいおいて再ログインするとできたりする。何回かやってみてください。

 

以上ができればOK